幼児教育はいつから始めるとベスト?

幼児教育を始めるタイミングは?

幼児教育は本当に必要なのか?

人気の幼児教育について、代表的な2つの教室を例に紹介します。 幼児教育をお考えの方で、何を習わせるか迷っている方にもお勧めです。 大型スーパーやデパートの中など、通いやすい立地に教室があるのも魅力の1つです。 幼児教育ではどんなカリキュラムが行われているのか、気になるその内容もお教えします。

人気の英語教室

英語が話せる親御さんにも、英語が話せない親御さんにも英語教室は人気が高いようです。 日本の義務教育では英語を話せるまでには至らないのが現実です。 しかし英語が話せるようになってほしい、そう願う親御さんが多いのでしょう。 気になるカリキュラムの内容も確認していきましょう。

人気のリトミック

「リトミックって何?」「名前は聞いたことはあるけど、何をするのかわからない」そう言った声も多いのではないでしょうか。 近年急激に人気が高くなっているリトミックのカリキュラム内容を確認していきましょう。 そして、実際にお子さんを通わせている親御さんの感想も参考にしてみましょう。

人気の幼児教室

小さいころから習い事をさせることに否定的な意見もあるでしょう。
「本人が望んでいない時期に無理やり通わせたくない」「習い事より家族との時間を優先させるべき」「余計な外出で風邪などのウイルスをもらってこないか心配」など、子供を大切に思うからこその反対意見もあります。
同じように子供を大切に思うからこそ、将来のために習い事を、と思う親御さんも多いのです。
また、幼児教育を考えていても、環境が整っていないとなかなか難しいのも事実です。
少なくとも送迎は必要になりますから、まだ下のお子さんが小さかったり、妊娠中であったり、共働きの場合は、休日くらいは休みたいという思いもありますよね。
もちろん、幼児教育は必ず受けさせなければいけないものではありません。
では、幼児教育のメリットとデメリットから考えてみましょう。

まずは、メリットです。
小さいころからお友達や先生を含む周りの大人たちとの交流が増えます。
これは、なによりもよい刺激になるでしょう。
お友達と一緒に学ぶことで協調性も生まれます。
英語や絵画、水泳、ピアノなどの習い事は自分にとって「特技」と言えるものができます。
そして、できることが増えたり、頑張ることができると、自信や達成感が得られます。
次にデメリットです。
家族との時間が減ります。
また、家族以外の人との交流が増えることに馴染めないお子さんにとっては、ストレスになり、逆に人見知りになるケースもあります。
無理やり通わせている場合、「やらされている」との思いから自主性に欠けた子になることもあるようです。

メリット、デメリット、そして何よりもご家庭の環境も踏まえて、無理なく、幼児教育の開始を検討しましょう。