幼児教育を始めるタイミングは?

>

幼児教育は本当に必要なのか?

幼児教室のカリキュラム内容は?

代表的な幼児教室2つと、そのカリキュラム内容をご紹介します。
【ミキハウスの幼児教室】
ミキハウスと小学館が提携して設立した幼児教室です。
例えば、1歳のクラスではボールやパラシュートなどを使って体を使ってストーリー性を体で学んだり、音楽に合わせて、真似っ子遊びをします。
3歳のクラスにもなると、文字や数字を遊びを通して覚えたり、はさみ遊びも始まります。

【めばえ教室】
遊びを通して学ぶことを目的としています。
少人数制で1教室に先生が2名ついてくれます。
複数のコースがありますが、知能教育コースの1~2歳の教室では手遊びやリズム遊び、絵本の読み聞かせをしています。
3~5歳のコースではお友達とコミュニケーションをとりながら学び、子供が発表や出題することで自主性を伸ばすことを目的としています。

幼児教室に通い始めるタイミング

幼児教室では各年齢に合わせ、指の運動や音楽に合わせて体を動かすことで脳によい影響を与えたり、お友達とコミュニケーションをとりながら自主性を伸ばすカリキュラムが組まれています。
そして、子供の脳は3歳までに急成長すると言われています。
そのため、どの幼児教室も1歳から始められるコースを設けています。
どんちゃか幼児教室などでは0歳からのコースも設けられており、幼児教室は3歳前に始めることをおすすめとされています。
実際、0歳から2歳で通い始める子供がほとんどだそうです。

そんな子供たちの親御さんからは「自分のことを自分でするようになった」「コミュニケーション能力がついた」「自宅で子供と一緒にできる遊びを通して学べるようになった」という声が多くありました。


この記事をシェアする