幼児教育を始めるタイミングは?

>

人気の英語教室

英語教室のカリキュラム内容は?

代表的な2つの英語教室を例にカリキュラムを紹介します。
【ECCキッズ】
ECCジュニアはCMでもお馴染みですが、ECCキッズという0歳から始められる教室があります。
外国人講師によるレッスンで、英語圏の遊びや絵本の読み聞かせ、歌やダンスで、英語に慣れるだけでなく、自然と文化も学ぶことができます。
ウェブレッスンが付いているのも選ばれる理由のようです。

【ヤマハ英語教室】
ヤマハと言えば音楽教室のイメージが強いのではないでしょうか。
しかし、この音楽のノウハウを生かして耳を育てることが得意な教室です。
先生は日本人ですが、バイリンガルで、海外生活が長い方が多いので、ネイティブな発音で学ぶことができます。
音楽とリズムで英語を耳で聞く、体を動かすことで体で、英語のリズムを覚えることができます。
絵本の読み聞かせも音楽に合わせて行われます。

英語教室に通い始めるタイミング

昔、CMで「英語が勉強になる前に」というキャッチコピーがありましたが、まさに、そう考えている親御さんが多いようです。
1歳のクラスでもキャンセル待ちや、少し離れた教室に行かなければならないほど人気があります。
ほとんど話もできない時期から通わせるの?という疑問もあると思いますが、まずは聞くことで覚えていくため、0歳~1歳で通い始めるお子さんが多く、教室でも1歳ごろから始めることをおすすめしています。

とは言え、小学生だから遅い、ということではないようです。
とにかく英語に触れる機会の少ない日本ですから、英語に触れる機会を増やす意味では、小学生からでも中学生からでも、遅いということはないと言います。
まだお子さんが小さい時には習い事を始める環境が整わない場合も多いですから、少しお子さんが自立してからでも、始めるのは遅くなさそうです。


この記事をシェアする